バンコクの薬局では日本の医薬品に相当するクスリが購入できる

日本では薬事法の規制により医師の処方箋がないと手に入れることができないクスリがタイの薬局では気軽に購入することができます。

何かしらの病気に罹ったと思われた時には、いきなり病院に駆け込むのではなく、薬局でクスリを購入して対処するのも一つの方法でしょう。

解熱剤・鎮痛剤などの日本のドラッグ・ストアでも売っているような非常にポピュラーなものはコンビニエンス・ストアでも購入可。

このため、タイの薬剤師は医師並みの専門知識を持っています。

私もちょっとビックリしたのは、抗生物質も薬局で購入できますし、これは女性専用となりますが、経口避妊薬(低容量ピル)・排卵検査薬・妊娠検査薬なども薬局の店頭で購入できるようです。

そんなタイの薬局ですが、さすがに医師の処方箋がないと購入できない薬もあります。

例えば、私の場合、少々不眠の傾向があるので、日本にいる時には睡眠薬を処方してもらっていました。

そして、バンコクにきた際、薬局の人に聞いてみると、いわゆる睡眠薬強盗などの犯罪等の関係で、睡眠薬は処方箋がないとダメということでした。

あるいは、たまにネットで販売しているのを目にしますが、いわゆるバイアグラとかその系統の薬。

同じ系統の薬としては、「レビトラ」「シリアス」という商品名のクスリなどが有名ですが、これも医師の処方箋がないと入手できません。

日本人に限らず、タイを訪れる外国人も、これを目当てに薬局に訪れることも多いようです。

バイアグラのジェネリックだというものを道端で売っていることもあるようですが、多分、偽物である可能性が非常に高いと思われます。

あとは、どうやら日本では販売されておらず、日本国内で手に入れるとすれば個人輸入しかない、「抗肥満薬」もタイの薬局で買うことができます。

この抗肥満薬は世界的な医薬品会社であるロッシュ社からリリースされており、脂肪を分解する酵素の作用を阻害し、食べ物に含まれる脂肪成分をそのまま体外に排出してしまうものです。

特に西欧の人たちに人気があるとか。

作用が激烈な分、効果もテキメンとのこと。

医薬品とは多少、話は離れますが、タイの薬局を覗いてみると、「各種サプリメント」や「石鹸」の種類が半端ないです。

いずれの場合でも、非常に種類が豊富で、特にサプリメントの中には医薬品なみに効能を有するものもあるようです。

この種のものは、日本へのお土産としても重宝するのではないでしょうか?

バンコクの大きなショッピング・モールには大概の場合、薬局というかドラッグストアがありますが、商品の中にはパッケージが全てタイ語表記になっており、一体何の製品なのか全く分からないものもあります。

そんな時には、バンコク市内で手に入るフリーペーパーには日本人スタッフがスタンバイしている薬局の広告が出ているので、そういった薬局を訪れるのがよいと思われます。