セントラルラマ9に来れば日常生活は殆ど用が足りる

私の場合、現在はMRT沿線の安アパートに居住していることから、ラマ9駅に直結しているショッピング・デパートであるセントラル・ラマ9に時々足を運んでいます。

表題にもありますように、決して観光名所とかタイ土産の目的には合いませんが、日常生活を過ごすにあたり、ここに来れば殆ど用が足りてしまいます。

従って、まだバンコクに来てから日は浅いですが、BTS沿線の有名どころに足を運んだのは、ほんの数える程度。

また、大通りを挟んで向かいには、バンコクの電脳街の一つとして有名らしいフォーチュンタウンもあります。

ざっと、セントラル・ラマ9の概要を紹介すると、

■ 地下一階 ■

MRTの改札に直結するフロア。

広いフロアの約半分がスマートフォンの売り場になっており、その一角には、SIMキャリアの一つであるtruemoveの直営店があります。

2015_05_39

2015_05_38

また、階上にはAISの直営店があり、私の場合はここに行ってトップアップ(料金のチャージ)をしています。

残りの半分は食事をするフロアとなっており、例えば、ミスタードーナッツがあったりします。

そして、私にとっては重要な、バンコクに来てから探し続けた、日本の100均の「ダイソー」があります。

2015_05_37

陳列してある商品を見てみると、全て日本語表示なので、多分、日本から輸入しているのでしょう。

そのせいか、値段も100円ではなく、60バーツ均一となっており、日本国内よりも高めの値段設定。

また、5階には、大阪が発祥らしい100均ストアである「こものや」が営業しています。

2015_05_41

こちらも、ダイソー同様、60バーツ均一の値段設定となっています。

この地下フロアの左手奥には、「Tops Super」も営業しており、食料品からお菓子、日用雑貨などを扱っており、中でも、バンコクではなかなか発見できなかった、私が日本で愛用していたハンドソープやボディーソープが置いてありました。

ボディーソープは日本の「キレイ・キレイ」シリーズで、これまた日本から輸入していると思われました。

■ ユニクロ ■

2階のフロアに結構な売り場面積で営業しています。

2015_05_40

値段的には、日本よりも高めといったところか?

私個人は、ユニクロ派なので、「衣・食・住」の衣は、ここで用が足ります。

■ 各銀行 ■

写真はありませんが、5階には、タイ国内の主な銀行の支店が密集して営業。

銀行の支店なので、ATMは勿論、ADM・Pass Book Updateも可能。

■ フード・フロア ■

6階は飲食店街となっており、テナントには、「大戸屋」「吉野家」「やよい軒」など、日本でもポピュラーとなっているチェーン店もあります。

また、フード・コートもあり、覗いてみると、一品50~70バーツ程度の品が中心となっており、リーズナブルな値段設定と思われます。

あとは、まだ足を運んでいませんが、さらに上の階には、映画館やスケート場も営業しているようですし、英語が通じるかどうか不明ですが、薬局も複数店舗営業しています。

以上、ざっと見てみましたが、バンコクの場合、ここに来れば大体のことは用が足りるというショッピング・デパートがいくつかあるようで、私の場合、セントラル・ラマ9がこれにあたります。

また、MRT直結なので、BTSのようにクソ暑い中を歩く必要もありません。

そんなことから、観光・お土産・ブランド物などには一切興味のない私にとって、バンコクの生活範囲はバンコクに来て以来、非常に狭いものになっているのが現実です。