BTSエカマイ駅付近が思っていた以上に日本だった件

ビザ更新の関係で、ビザ会社の人物と待ち合わせることになり、私の方がバンコクはまだ初めてで待ち合わせは誰でも分かる場所にして欲しいとリクエストしたところ、BTSエカマイ駅に隣接する、ショッピング・デパート「ゲート・ウェイ」の入り口にあるUCCコーヒーの前という事にあいなりました。

私は現在、アパートの費用を抑えるために、多分バンコクとしては下町であろう、MRT沿線に居を構えています。

BTSプロムポン駅周辺は、特に日系企業の駐在員を中心として、多くの日本人が居住しており、一種の日本人街を形成していることは耳にしていましたが、実際に足を運んだことは数えるほどしかありません。

また、BTS沿線にいくつかある、巨大ショッピング・デパートの雰囲気には今でも圧倒され、自分としては住むのであれば、どちらかといえばコジンマリとした雰囲気の方が性に合っています。

そして、バンコク初心者がこれまた始めてのエカマイ駅ゲートウェイに行ってみると、「ここは擬似日本か?」と思える位のある意味カルチャーショックでした。

先ずは、エカマイ駅との連絡通路のデパート入り口にある、存在理由が分からない「鳥居」。

2015_05_08

別に、デパートのどこかに、神社がある訳ではない。(と思います)

さらに、到着した時にはいませんでしたが、帰路につく時刻には、メイド姿の若い女性が何かを配っていました。

チョットこの年になると、写真を撮るのも恥ずかしくて、写真はありませんが。。。

あとは、完全に日本語表示のメニューを掲げた料理店がフロアに並んでいます。

まだバンコクで過ごす日は浅いですが、日本でもお馴染みの「吉野家」「やよい軒」はいくつか目にしたのですが、ここには、「すき屋」があります。

2015_05_10

2015_05_11

メニューを見てみると、牛丼は勿論のこと、「しょうゆラーメン」「とんこつラーメン」など日本の店にはないメニューもあります。

一見すると、値段も手ごろに思えますが、写真の鳴門としなちくの大きさから想像すると、どんぶりの大きさはかなり小さいと思われます。

また、屋台風の店舗には、「タイ限定版コアラのマーチ」(マンゴー味)。

2015_05_09

値段は100バーツで、日本へのお土産に良さそうに思えました。

また、待ち合わせの場所になった、UCCコーヒーですが、正式な名称は「ユーシーシー上島珈琲株式会社」で神戸に本社を置く企業です。

表題にもありますように、タイ国内で、ここまで日本語が氾濫しているとは思ってもいませんでした。

見方を変えれば、転勤等で初めてバンコクに居住する人にとっては、日本国内で見慣れた雰囲気なので、精神的にも楽なのでは、と思います。

多分、この街を闊歩する日本風の顔をした人の多くが、本当に日本人ではないかと思わずにはいられませんでした。

後で、たまたま目にしたフリーペーパーを見てみると、今回のゲートウェイの正式名称は「ゲートウェイ・エカマイ」で、コンセプトとしては、「新しい日本のライフスタイルの提案」との事のようです。