タイ滞在には必須のスマホアプリ?-Grab Taxi

バンコクのタクシーは、どうやら世界第二位のコストパフォーマンスのこと。

しかしながら、そのコストパフォーマンス故か、ボッタクリや乗車拒否も日常茶飯事らしいです。

私はまだ、実際にバンコクのタクシーを利用したことはないので、肌感覚としては分からないのですが。。。

そんなバンコク・ライフに必須かも知れないのがスマホアプリの「Grab Taxi」。

実際に、自分のスマホにインストールしてみました。

順を追ってみていくと、

先ずはソフトのインストール。

ダウンロードは以下から。

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grabtaxi.passenger

私は根っからのPC派で、スマホは使い慣れていないので、URLをコピペしたものをGmailで自分宛に送り、それをスマホのGmailで開いて、指定のURLを開きます。

あとは、スマホの画面に表示された「インストール」のボタンを押せば、自動的にダウンロードし、スマホ本体にインストールできます。

そして、ホーム画面に出来た「Grab Taxi」のアイコンを押すと、ソフトが立ち上がります。

2015_05_03

表示された画面を見てみると、この時には、行き先にスワンナプーム空港を指定したのですが、Grab Taxiの情報によると、

2015_05_04

  • 登録して、呼び寄せることが出来るタクシーはこの時点で、近くに171台
  • スワンナプーム空港までの距離は28.4km
  • タクシー料金は大体、234~351バーツ

であることが分かります。

そして、「NEXT」のボタンを押すと、正式な登録の画面になります。

2015_05_05

この画面で入力するアクチベーション・コードは4桁の数字になるのですが、ここで必要となるコードはこの画面が表示された途端、最初に入力した電話番号にSMSで届くので、電話番号とメールアドレスは正確に入力する必要があります。

認証は、画面中央の青い線が左端から右端へと延びていくので、その間にする必要があります。

また、認証コードの取得の回数は限られていますので、注意が必要です。

私の場合、操作が分からず認証に失敗し、結局、一度ソフトをアンインストールしてから、再びインストールし直した次第です。

こうして、正式に登録が完了すると、近くのタクシーを呼ぶことが出来るようになります。

2015_05_06

2015_05_07

オプションとしては、「今すぐ呼ぶ」の他に、「予約を入れる」というものも選択が可能なようです。

ただし、私の場合はここまで。

理由は、タクシーを呼んでも、私がタイ語が全く出来ないので、行き先さえも運転手さんに伝えることが出来ないからです。

従って、私の場合は、近くにタイ語が出来る人が待機している必要があるのです。

また、正式に登録が完了すると、別途ウェルカム・メッセージが最初に登録したメールアドレス宛に届き、内容を読んでみると、最初の3回までの乗車は50バーツの割引があるようです。